Loading...

おすすめ記事

現代社会はストレス社会だと言われており、多くの人が強いストレスを感じながら生活をしています。
精神的なストレスがかかると、気持ちの面に悪影響が出るだけでなく、身体的な症状が出現することがあり、特に胃はストレスに弱い臓器だと言われています。
ストレスなどが原因で胃に起きた症状に効果があるとされている薬にネキシウムがあります。
強いストレスを受けていると感じている人に胃の症状があらわれた時にはネキシウムを使用することで症状を和らげることができるでしょう。

ネキシウム(エソメプラゾール)ってどんな医薬品?

ネキシウムはエソメプラゾールを主成分として作られており、プロトポンプ阻害剤と呼ばれる薬の一種です。
エソメプラゾールは日本で4番目に開発されたプロトポンプ阻害剤で、強力に胃酸の分泌を抑える作用があります。

胃の中は胃酸が分泌されて強い酸性の状態になっているのが正常な状態ですが、酸性度が高すぎたり、分泌が多すぎたりすると、粘膜が自分で分泌した胃酸に負けてしまい傷がついてしまうことがあります。
傷ができたことで痛みが出たり出血をしたりすることがあり、体に異変が起こります。

こういった状態になってしまうと傷ができた部分にさらに胃酸が攻撃をするようなかたちになり、傷が徐々に大きくなっていってしまうことがあるので分泌を抑えて、できた傷が大きくならないようにする必要があり、そういった役目を果たすのがネキシウムです。

ネキシウムは胃酸を分泌する働きのある酵素に作用することで、胃酸の分泌を抑えるような効果がでます。
胃酸は胃の粘膜に存在する酵素の力があって胃酸の分泌ができるという仕組みになっており、その酵素の働きをブロックすることで胃酸の分泌を抑制することができます。
これがプロトポンプ阻害剤が胃酸の分泌を抑えることができる理由です。

ネキシウムは今まであった同じ効果のある薬に比べて、服用した時の効果が安定しているということが特徴です。
薬は同じ成分のものであっても服用する人によって効き目に違いが出ることが多く、ある人には非常に良い効果が出たけれど、もう一方の人には全く効果が出なかったということもよくあります。
ネキシウムは代謝をする時の個人差が少ないために、効果を安定させることができ、期待した通りの効果が得られることが多いというメリットがあります。

こういった胃の症状は精神的なストレスが原因で起こることがあり、精神的なストレスが強くかかると自律神経のバランスが乱れてしまうことがあります。
胃や腸の消化器官は自律神経の働きを非常に関係が深く、自律神経のバランスが乱れることで胃酸の分泌が過剰になり胃の症状が出たり、腸の働きが活発になり過ぎて下痢をしてしまうことがあることはよく知られています。
身体のこういった症状の原因は精神的な問題だったということがよくあるのもこのためです。

ネキシウムの効果について

ネキシウムはプロトポンプ阻害剤という種類の薬で、胃酸の分泌を抑制する作用があります。
胃酸は身体の外から入ってきたばい菌を死滅させるために存在しており、胃酸がなかったら体の外から入った食べ物や飲み物などに付着している病原菌などが簡単に身体の中まで入り込んでしまいます。
しかし、その働きが強すぎると胃の粘膜が駄目になってしまい、胃の痛みなどの症状が出てしまいます。
胃の症状が出ている人に多いのが胃酸の分泌が過剰になっている状態なので、ネキシウムは胃酸の分泌量を減らし、粘膜を守る働きをし、同時にげっぷや胸やけなどの症状も緩和します。

ネキシウムにはこういった作用があるために、粘膜に傷がついていて痛みがある場合に、傷がそれ以上に酷くならないようにして痛みを軽減させる働きもあります。
消化器の痛みは鎮痛剤を服用しても効果がでないことがあり、それは鎮痛剤が粘膜に対して強い刺激があり、反対に粘膜を傷つけてしまうからです。
そのため、胃の痛みなどの症状には鎮痛剤を使用するのではなく、ネキシウムを使用するほうが効果がしっかりと出ることがあることを覚えておきましょう。

ネキシウムの副作用について

ネキシウムにはこういった効果がありますが、反対に副作用もあります。
副作用の症状には肝臓の機能が悪くなるというものがあり、ネキシウムの服用をすることで薬を解毒する場所である肝臓に負担がかかり、肝臓の機能が悪くなってしまうというものです。
肝臓は身体にとって有害な物質を解毒して体の中に毒が溜まらないようにする役割のある臓器で、機能が悪くなることで解毒能力が落ちてしまうと体に有害物質が溜まってしまうので、肝臓の機能が悪くなっていないかを定期的にチェックすることが重要です。

他にネキシウムに見られる副作用には頭痛やめまい、軟便や下痢といった症状があります。
これらの症状は起こったとしても軽いものが多いという特徴がありますが、もしも症状が強く我慢できないほどであるならば病院を受診して医師に相談をしましょう。
ネキシウムの服用でこういった副作用が起こる可能性がありますが、ネキシウムは比較的副作用が少ない薬だと言われています。
ほとんどの人に副作用が起きないので、そこまで心配し過ぎる必要はありません。
ただ稀ではありますがアナフィラキシーショックなどの重篤な副作用が起こる可能性も否定できないので注意はしておきましょう。

ネキシウムの薬価や平均販売価格

ネキシウムは薬価が20mgで145.10円となっています。
ネキシウムには20mgと40mgがあり、1カプセル当たりの薬価は40mgのほうが割安にはなりますが、薬は最初は少量から試していったほうが良いので、多少割高感はあっても20mgを購入し、20mgのカプセルを服用しても症状がおさまらない時は、20mgのカプセルを2カプセル服用するようにして、どうしても一回に服用する量が40mg必要な場合には40mgのカプセルを購入するという使用方法が適していると思います。

ネキシウムは市販されている薬ではないので病院を受診して医師に処方してもらい必要のある薬です。
そのため、薬を手に入れたい時には、まず病院を受診する必要があり、診察料金や処方料がかかることになります。
そういった金額と合わせて薬の代金が必要になるので、色々な費用を合わせて価格的には5000円程度になると考えられます。

それに比べて個人輸入代行の通販サイトで購入した場合には薬の代金だけで済みますし、送料が無料になっているところが多いので病院を受診して処方してもらう方法に比べて3割ほど安い価格で購入をすることができます。

ネキシウムは少しの間服用してすぐに効果がでて、症状を完治させるような薬ではありません。
症状の強さにもよりますが、一定期間服用を続ける必要があり、少し症状が良くなってきたと思ったら、また症状が悪くなるという経過をとることがあります。
そして、一度は完全に治ったと思っても、しばらくしてから再び症状が出てくるということも考えられます。

ネキシウムを服用するような状態になっている人は、生活の中で再びストレスを受けることがあった時には、また同じような症状を起こしやすい体質だということができます。
多少の精神的ストレスを受けてもストレスを感じにくく、体への症状が全く出ない人もいれば、少しのストレスが体にすぐに影響をしてしまうという人もいるでしょう。
こういったことは体質が関係しているので、ストレスが体に出やすい人は、どうしても同じようなことを繰り返すことが多くなります。
そういった体質の人の場合には一度症状がおさまっても、再発をする恐れがあるので、手元にネキシウムを備えておくと、いざ症状が出た時にすぐに使用することができます。
精神的なストレスが体に出やすい人はネキシウムを多めに購入しておくと良いでしょう。